SEOワードを入力

出会い系はテレクラから多様化している

かつて、出会い系の代表格といえばテレクラでした。テレクラは全盛期に比べるとその存在はだいぶ薄くなった感が否めませんが、それでも依然として繁華街に行けばいまだにあります。ただし、肝心の女性はいわゆるサクラであったり、年齢層の高い人になります。純粋な若い女の子が明らかに減ったことがネックになっています。それでは若い女の子はどこへ行ったのかというと、PCの発達とともにネット系に移行しているようです。文字のやりとりによる出会い、あるいはダイヤル仲介による出会いです。このようなネット系を営む業者はかなり存在しますが、中には女性が全てサクラであることもあるなど利用に際して確かな見極めが求められます。それから近年、街中に結構な勢いで登場しているのが出会い系喫茶です。お店自体はあくまでも出会いの場所の提供だけです。男性の部屋と女性の部屋に分かれていて、男性が入場料を払い入店し、鏡から見える好みの女性を選び、お話しし、交際を交渉するスタイルです。男性が交渉成立の料金を支払えば、店外に出ることができ、その後は男女の自由です。こちらには、寂しさから出会いを求める若い女の子がちらほらいるようです。